病気の治療による脱毛は医療用ウィッグで乗り切ろう

薬抗がん剤による治療など治療法によっては、副作用としての脱毛を伴うことがあります。とりわけ脱毛は女性にとって大きなストレスになるでしょう。抗がん剤治療による脱毛の場合、脱毛の程度は投与する薬の種類や使用量などによっても異なってきますが、多くの場合抗がん剤を投与してから2、3週間ほどで脱毛が始まります。治療が終了してから半年以内では抜けた部分の毛が再び生えてくるという特徴がありますが、元の状態に戻るには1年ほどかかる場合もあります。このような治療期間中に毛髪が抜け落ちてしまうということが患者にとっては大きなストレスとなるのです。

そのような患者のストレスのケアとして大きな注目を集めているのが医療用ウィッグです。医療用ウィッグはJIS規格によって一定の水準が保たれるようになってから、より多くの人に愛用されるようになってきています。普通のウィッグと違い着け心地も非常に自然であることから、いかにもかつらのような不自然さがない点も大きなメリットと言えるでしょう。

人工毛のかつらであればリーズナブルに購入することはできますが、通販などでも人毛100%で作成することも可能ですので、自分のニーズや予算にあったさまざまな選択肢から選ぶことができるでしょう。定期的なメンテナンスを行えばかなりの期間良い状態のまま使用することはできますので、治療が少し長引いてしまったとしてもその期間は十分に使用することはできるでしょう。